若白髪 原因

若白髪の原因は遺伝かも

私は若白髪の原因について調べたことがあります。
何故、自分は若白髪なのか?という素朴な疑問です。

 

生活習慣やストレスが原因なのかなと思ったこともありました。
しかし小さい頃から後頭部の方に白髪があったので、生活が荒れているから白髪になった訳じゃなさそうですから、よく言われている原因って違うんじゃないのかと常に思っていました。

 

すると若白髪の原因は遺伝だという話に辿り着いたのです。

 

それならば遺伝なのかなと思い、親に聞いてみました。

 

すると母がどうも若いころから白髪があったようで、どうやら遺伝っぽいなということになりました。
ただ母は子供の頃から若白髪では無かったようです。

 

10代、20代とかでは無く、30代以降から増え始めたという話なので、若干早いかなという程度です。
父親は無さそうです。

 

というか余り良く分からない感じで、話を聞いても意味不明でした(^_^;)
昔の写真を見る限りはどうやら無さそうという判断になりました。

 

母方の遺伝子が強い

自分の場合は母方の遺伝子が強いのかなと思いますが、それなら祖父が完全に禿げていたのでちょっと怖いですね。。
白髪どころか全くありません☆ピカ☆
叔父も見事に禿げているので母方の遺伝子は実は怖いのです。

 

今のところは髪の毛があってホッとしています。
白髪で悩んで、次はハゲみたいな展開はお願いなのでやめて欲しいです。

 

ただ髪の毛の問題は遺伝的なものがほとんどじゃないかなと思ったりします。
ハゲは遺伝しますよね?
若白髪も遺伝してもおかしくはありません。

 

遺伝的なものというのは治るとか治らないとか、そういう問題ではなかったりしますので、どうも子供の頃に若白髪を治そうとしたのは無駄だったみたいです。

 

髪の毛が遺伝的に弱いんじゃないか?
今のところは白髪で助かっているんじゃないか、そんなことまで思い始めました。
つまり髪の毛があるだけマシという事です。

 

髪の毛がない人には聞かせられない話

そんなことで若白髪で悩んでいる方には言いたいのですが、「あるだけマシ」ということです…。
若くても脱毛症で髪の毛がなくなる方もいるんで、「あるだけマシだよな」とか手放しで喜ぶべきではないのですが。

 

ただ若白髪は思春期だとすごく悩む問題ではあるので、少し気を楽にさせた方が良いと思うのです。

 

結局あなたも、もしかしたら遺伝的なものかもしれませんのでそういう場合は元々黒髪を作る細胞が弱いということなんでしょう。
諦めましょうという話ではないのですが、今のところ有効な方法というのは見つかっていないようです。

 

ハゲ対策の薬品などは世の中に豊富にあるようなのですが、白髪になるとほとんどありません。
大体は生活習慣を見直しましょうとかありきたりな話ばかりです。

 

それはやはり有効な対策ができないのと、髪の毛があるので染めたらいい話ということなのかも。
世の中では白髪なら染めればいいし、そんな大きな問題じゃないという認識のようです。

 

マーケット的にも髪の毛を染める染料が異常に多いです。
利尻ヘアカラーとか有名ですが、あれっていいんでしょうか?