若白髪 染める

若白髪を染めるには注意点について

前のページでは白髪でとても悩んでいるなら染めてしまいましょうということでした。

 

染めてみると、何でもないことですのでとても悩んでいる場合は染めていいと思います。

 

余談ですが、最近では30代くらいから白髪が増えて染めている人が増えているみたいですので、みんな髪を染めることが増えていますね。

 

具体的な注意点について

注意点としては、一回髪を染めると染料が髪の毛に浸透してしまいますから、女性であれば染める場合は一度考えた方が良いです。

 

美容院で染めるのか、それとも自分で染めるのか?です。

 

例えば自分で市販の染料を買ってきて染めたとします。
そうすると変な色になってしまう場合もあります。
失敗はつきものですが。。

 

しかし失敗したから美容院で染め直そうと思ってもすでに髪の毛に染料が入ってしまって、それが抜けなくて染められないみたいなことになることがあるようです。
そうなると極端に言えば染めた部分をバッサリ切らないといけなくなったりする可能性が。

 

ですから髪が伸びてから染め直しになります。

 

そういったことで女子は髪を染める前は一回考えた方が良いでしょう。

 

男子は好きにして下さい。
失敗したら坊主にしたらいいんじゃないか、そう思います(笑)

 

後はやはり白髪用の染料じゃないと上手に染まらないです。
黒髪を茶髪に染める染料を買ってきても白髪だけ変な色になる可能性が高いです。

 

購入する際は白髪用のものを購入します。

 

染める色はどうするの?

後は染料の色が問題です。

 

私のようによくある市販の真っ黒な染料なら白髪も真っ黒になりましたが、あれって真っ黒になるので余りオススメはできません。

 

そこでちょっと茶系とかライトな色を選ぶと年齢相応な感じになると思います。
その場合も白髪用のものを選択しないと仕上がりがうまくいかないでしょう。

 

黒い髪は染まるけど白髪はあんまり染まらないみたいな感じになると多少は目立ちにくい感じにはなりますが、今ひとつです。

 

どうせ染めるならしっかりとしたもので染めた方が次の日に学校などに行きやすいです。
真っ黒でもいいなら市販の白髪染めでもいいでしょうし、市販のものでも墨汁のような真っ黒な黒ばかりではありません。

 

ただあれは結構強い染料というか、肌に余り宜しくないという噂があるんで使う商品は選んだほうが良いかもしれません。
頭皮にダメージを与えたくないでしょうからずっと染めるのであれば、肌にやさしいタイプが良いです。