若白髪 髪の毛痛む

若白髪を染めるのは髪の毛が痛む?

若白髪で悩むなら染めた方が良いと言ってきましたが私自身は染めたことは余りないんです。

 

理由としては単に面倒だから(^_^;)

 

それだけです。後は染めすぎると、ハゲるかもしれないという迷信?もちょっとはあります。

 

染めすぎは確かに最近頭髪に悪いということで警鐘が鳴らされています。
若い女性に薄毛が多いという話を聞いたことがありませんか?

 

これは若い頃からの過剰な染毛とパーマが原因だそうです。
黒髪の女性は最近は増加傾向ですが、ちょっと前なら明るい色に染めるのが普通のことでしたよね。

 

そういうことで茶髪が当たり前な頃もあったのです。
しかしその代償は大きく、女性の早期薄毛が問題になっているようです。

 

ですから私の迷信的な考えも全てが間違いでは無かったみたいです。
若いころから染毛を繰り返していると髪の毛には当然悪いですし、頭皮にもダメージがあるかもしれないということです。

 

それを考えると髪を染めるのはやめた方がいいと思う方もいるでしょう。

 

頭皮に優しい髪の染め方

髪を染める場合は頭皮に優しい方法はあると思います。
薬品のような市販の安い染毛料を継続して使用するのは余りオススメではありません。

 

ですから頭皮に優しいタイプでゆっくり染める感じでしょう。
そうなると、リンスタイプやシャンプー染めなどがやっぱり良いかなというところです。
利尻シャンプーみたいな余り強い染毛力ではないタイプです。

 

ああいうのは正直、白髪が染まりにくいという話もありますので、一発では綺麗に色が入らないと思います。
しかし、継続して染めるなら余り強い薬品のようなもので染めるタイプは避けた方が後々プラスです。

 

脱毛してしまったら元も子も無いわけですから。

 

そして美容院とかはどうなんでしょうかね。
私は行ったことがないので、分かりません。
女性なら行きやすいでしょうし、美容師さんによく聞いてから染めるべきですよね。

 

美容院も経費削減のために頭皮に余り良くないようなものを使っているかもしれません。
しかしそういう場合って美容師さんが素直に教えてくれるんでしょうか?(^_^;)

 

難しい問題はありますが、信頼できるお店でないと髪を染めるのは難しいかもしれないです。
確実に言えることは、白髪に限らず髪を染めるとほぼ髪の毛は痛みますし、頭皮に悪影響が及ぶ場合があるということです。

 

その点をある程度クリアできる方法なら染めた方が若々しくて良いと言えます。