ハゲない方法

髪を洗わないとハゲないという噂

白髪とはちょっと関係のない話かもしれませんが、髪の毛を守る方法の一つに余り髪の毛を洗わないという方法があります。

 

これは作家の五木寛之先生がテレビでおっしゃっていたのを聞いた話ですが、髪の毛は余り洗わない方がいいらしいです。

 

五木寛之さんをご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、現在御年82歳の作家の先生です。

 

とにかく、驚くべき毛髪量で信じられません。
ずっとこんな感じですので、よく髪の毛について聞かれるそうなんです。

 

それで五木寛之さんがおっしゃるには、なるべく髪の毛を洗わないことが秘訣らしいです。

 

ご本人は髪の毛を守ることを意識しているのだということです。

 

よく何もしてませんよ〜とかいう女優さんとかいるじゃないですか?肌のお手入れとか聞かれて。

 

しかし五木寛之先生はハッキリと髪を洗わないことが良いとおっしゃっています。
髪を洗う頻度は昔は半年に1回とか(笑)
最近は1ヶ月に一回洗うか、洗わないかだそうです。

 

結局、五木寛之さんが発見したのは路上生活者は禿げている人がいないということでした。
路上生活者というのはホームレスのような人たちのことなんですが、そういう人に禿げている人はいないのだそうです。

 

ハゲる原因はシャンプー

ハゲる原因はシャンプーをして清潔にしていることらしいです。
これは諸刃の剣のような話であり、洗わないと臭いますよね?

 

どっちを取るかと言われれば微妙なところです。
しかし半年に一回程度なら絶対に禿げないという話なんですよね。

 

そういう話を聞くと心が揺れます。
禿げたくないので、洗わない生活というのもいいのではないか?

 

また専門家の中にもシャンプーのしすぎによる抜け毛に警鐘を鳴らす人はいるようです。
確かにそういうことも科学的にあるんだなということです。

 

シャンプーってハゲるんじゃいかということで私は実は昔、石鹸で髪を洗うようにしたことがあります。
髪の毛がキシキシになって柔らかさがなくなりました。

 

抜け毛が減ったということはよく分かりませんでしたが、何となくシャンプーを使っているのは怖いなと思っています。

 

今はそういうのが続かないのでシャンプーで洗髪していますが、五木寛之さんの話を思い出してしまいまたシャンプーをやめようかなと思ったりしています。
お湯とかで洗うのはまだいいんじゃないでしょうか。
問題はシャンプーで洗うことだと思うんですよね…?